FC2ブログ

記事一覧

「信頼関係をきずく」ということ。「こころ」に効く治療法とは・・

前回のつづきです。Aさんの体の回復に実は「こころ」というものがかかわっていた、ということが今回のテーマでした。でも漠然と「こころ」といってもつかみどころがないので、シンプルに述べ今回は終わりたいと思います。つねに思うところ。「こころ」とはいわば「信頼関係」という言葉に置きかえることができます。ここでいう「信頼関係」とは、 ・「自分自身に対する信頼」と ・「施術者に対する信頼」このふたつの側面をさし...

続きを読む

「夕方になるとつっぱり痛む膝。右手親指のばね指」その回復に実は「こころ」が関係していた?

「何をしてもよくならない体」「何をしたのでもないけど良くなる体」からだというものはいつも実に不思議なものです。・・・ってずっと盲信してきましたが、これまではやっぱり「からだ」をただ「からだ」としてしか考えてこなかっただけのこと、なのかもしれません。今回はそんなことをテーマに、実際に当院にかよわれている女性患者さん(Aさん)を例に話をすすめていきます。家業の手伝いをするため、70代であるAさんは朝早く...

続きを読む

「胸の痛み」左胸が痛い。病院でも原因が特定されず。

当院に来院されたAさん。仕事はパソコンと一日中向き合うデスクワーク。毎日夜遅くまで仕事をされています。そんな中、数年前から左胸の痛みを感じるようになりました。最初は左胸に限局した痛み。しかしそこから次第に左の首、左腕と広範囲につよい痛みやしびれを伴うようになりました。呼吸をしても痛い。寝返りや着替えなど、日常生活に支障をきたすほどの痛みに耐えきれず病院を受診しました。内科、整形外科。しかしどこに行...

続きを読む

病院の画像診断ではわからない「膝の痛み」〜実際の症例から考える〜その2

遅くなりましたが同テーマのつづきですm(_ _)m画像診断ではわからない「膝の痛み」。往々にして最近の病院では先生はほとんど患者さんの体に触ることなく、画像や血液検査から得た情報で診断をくだします。ただあくまで手技療法の見地からしてみると、筋肉やその動きの質や関節運動、さらには患者さん個人個人の生活環境や心理状態など、パーソナルなすべてを考慮した診断の必要性を訴えずにはいられません。今回のAさんのケースに...

続きを読む

病院の画像診断ではわからない「膝の痛み」〜実際の症例から考えること〜

久しぶりのブログ更新ですm(__)mさて、今回は臨床症例から考える、ということをテーマに書いていきたいと思います。最近来られた男性Aさん。長引く両膝の内側の痛みで来院されました。この方は教員をされていて、立ちっぱなしのことも多いということ。それから痛みが出る前は趣味でサッカーやフットサルをやっていたそうです。しかし発症してからは中止せざるをえない状況に。最初に痛みを感じたのは昨年の冬の授業中。不意にズキ...

続きを読む

カテゴリ